十字屋薬粧:室蘭|伊達|登別|苫小牧|札幌での漢方医学・中医学でのご相談

首筋のこり、肩こり、痛み、五十肩、関節痛、神経痛でお悩みの方はご相談下さい。

首・肩こりの解消には血行改善が大切です。 筋肉が運動している時には、血液が勢い良く流れますが、デスクワークなどで筋肉の緊張状態が長く続くと、血行が悪くなり、肩こりを引き起こすのです。

肩こりとは

 首から肩にかけては大小様々な筋肉があります。 私たちがただ座っているだけでも、頭を支えるために首や肩の筋肉は働いています。

筋肉が活動するためには、酸素と栄養が必要です。

そのためには筋肉の中の血管に、十分な血液が流れていなくてはなりません。

血液が不足すると、筋肉は酸欠状態になり、乳酸などの老廃物がたまっていき、するとそれが刺激となって、筋肉の細胞から発痛物質が出て、神経を刺激しこりや痛みが生じるようになります。これが肩こりです。

筋肉が緊張と弛緩を繰り返していると、筋肉自体がポンプのように働いて、血行を促進します。

肩こりの解消には血行改善が大切です。 筋肉が運動している時には、血液が勢い良く流れますが、デスクワークなどで筋肉の緊張状態が長く続くと、血行が悪くなり、肩こりを引き起こすのです。

肩こりの原因

1.筋肉への酸素不足を招く原因は多種多様です。

【 姿 勢 】

無理な姿勢を続けたり、長時間同じ姿勢を続けていると筋肉が緊張したままになり、血液の循環が悪くなります。 

パソコンなどデスクワークが多い人などは要注意です。 寝ころがってテレビを見たり、新聞を床に置いたままで読んだり、猫背でいるのも、肩の筋肉を緊張させ、肩こりの原因になります。

【 内 臓 】

首の頚椎にヘルニアなど異常が生じた結果、神経を圧迫し、痛みやしびれを起こすことがあります。 整形外科での治療が必要です。

【 骨 】

首の頚椎にヘルニアなど異常が生じた結果、神経を圧迫し、痛みやしびれを起こすことがあります。 整形外科での治療が必要です。

【 眼 】

メガネやコンタクトレンズが合っていなかったり、パソコンなどを長時間見続けると、目が疲れます。 その結果交感神経が興奮状態となり、血管が収縮して血流が悪くなり、肩こりの原因になります。

【 歯 】

顎関節症や噛み合わせの不全、歯周病などが原因で、肩こりが生じることがあります。 歯軋りなども肩こりの原因となりますね。 歯軋りはストレスから来ているとも言われています。

【 心 】

ストレスやうつ病など、精神的に緊張したり悩んだりすると、交感神経が優位になり、筋肉内の血管が収縮します。 そのため、筋肉を使っていないのに、血行が悪くなり、筋肉に老廃物がたまってしまう結果、肩こりを生じることになります。


2.急性の筋肉の外傷に続発して起こる場合。

  • 打撲や急な筋肉の運動によって、筋肉が損傷を受けると、炎症反応により局所的に循環不全がおきます。 その結果、筋肉のこわばりが起こり、肩こりとして自覚します。  ほとんどは自然に回復しますが、循環不全が慢性化する場合もあります。
  • 炎症がある場合は、冷湿布を使用しましょう。 慢性的な肩こりには温湿布が有効です。 急性の肩から背部にかけての痛みは、循環器(心臓)の疾患や呼吸器の疾患が疑われますので注意しましょう。 痛みが続く場合は病院での精査が必要です。
  • 肩こりは筋肉の長時間緊張や、疲労が蓄積されることによって起こります。 筋肉は常に緊張しているものではなく、緊張と弛緩を繰り返し行っています。 そのため、血流もよく肩こりを起こすことはありません。しかし、仕事などで同一姿勢を長時間とって作業をする場合には、肩の筋肉に緊張状態が続き血流も悪くなり、肩こりが発生します。また、何らかの病気によって、その症状の1つとして現れる場合もあります。
● 肩こりの現れる疾患

・更年期障害

・冷え性

・精神的ストレス

・肺結核

・変形性頚椎症

・低血圧、高血圧

・貧血<

・心臓病、など様々なものが上げられます。

● 肩こりの症状

・肩がだるい

・重く感じる

・肩がこわばる

・突っ張るような感じがする

・頭痛

・手のしびれ感

・吐気、嘔吐

・めまい

日常での肩こりの対策

【 生活環境 】

ストレスなどによるものの場合には、環境を変えることでストレス解消を図ります。

長時間同一体位をとる場合には時々休憩を入れたり、体を少し動かしたりして筋肉の緊張を和らげます。

疲労からくる肩こりの場合には、休息を取ります

【 温熱療法 】

ホットパックを用いて治療します。

【 その他 】

マッサージ、適度な運動などを行います。

漢方 ・ 中医学の考え

漢方医学・中医学ではこう考えます

日本人は、肩こりに悩む方が多いと言われています。肩こりに効果のある漢方薬は沢山あります。 しかし、効能効果に肩こりと書いてある漢方薬であっても、体質や症状の違いによって、適合するものが変ってきます。

ここでは、中医学(東洋医学)で肩こりをどのように考えて、どのような働きのある漢方薬が適合するかをまとめてみました。

天候に左右される肩こり

冬に寒さによって酷くなったり、クーラーの冷気によってひどくなったりする肩こりや、梅雨時など雨の多い時期になると酷くなるとか、雨の降る前になると肩こりが酷くなる場合です。

【寒さや冷えが原因(陽虚証)】

体質的に冷えに弱く、体が冷やされることで肩の筋肉の血行が悪くなってしまい発生します。このような方は、肩がこるだけでなく冷えることで、生理痛がひどくなったり、頭痛がしたりする場合もあります。

漢方薬はお体を温めて血行を良くするものが適します。同時に、冷え症を改善し寒さや冷えに強くなる体質づくりが大切です。

【湿気が原因(水湿証)】

雨が降る前やどんよりと曇った天気の日になると肩こりがひどくなる方は、同時に体が重だるかったり、普段から水分代謝が悪くむくみやすい方が多いです。 湿度が上昇するときには体表部から水分の発散が低下するので肩の筋肉がむくみがちになり、その結果血行が悪くなったりしてこりがひどくなります。

漢方薬は、体表部の水分の発散を良くして血行を良くするものが適合します。同時に、水分代謝を良くして水はけの良い体質づくりが大切です。 疲れやすいなどエネルギー不足の体質がある方は、この改善も重要です。

ストレスや緊張による肩こり (気滞証)

ストレスや緊張により肩の筋肉が緊張したり、血管が収縮して血行が悪くなって発生します。 イライラやゆううつ感などの精神的な症状を伴うことも多く、また夜中によく目が醒めたり、朝早く目覚めたりもしやすいです。 また、肩のこりだけでなく、項背部から後頭部にかけて張った感じや、こめかみや側頭部の頭痛を伴いやすくなります。

漢方薬は、緊張を緩めストレスや自律神経のバランスを整える働きのあるものが適合します。 ストレスの影響を受けにくくして必要以上に緊張しにくい体質づくりが大切です。

血が汚れて流れが悪いための肩こり (?血証)

ストレスや緊張が慢性化したり、コレステロールや中性脂肪が高い、打撲や怪我などで血が汚れて血流が悪くなって発生する肩こりです。

漢方薬は、血を綺麗にし流れを良くする働きのあるものが適合します。

のぼせを伴う肩こり (陰虚証)

老化や慢性疲労によって、お体の栄養物質や潤い分が不足すると、のぼせたり、ほてりやすくなったり、寝汗をかきやすくなったりするのに伴って肩がこりやすくなります。 足腰がだるかったり膝に力が入らないなどの症状を伴うこともあります。

漢方薬は、老化を防止し、お体の栄養物質や潤い分を補うような働きのあるものが適合します。

血の不足による肩こり (血虚証)

血の中の栄養物質が不足するために肩の筋肉に栄養を与えることが出来ずに起きる肩こりです。 貧血だったり、めまいや立ちくらみがしたり、目が疲れやすかったり、こむらがえりが起きやすい場合が多いです。

漢方薬は、血を補い血の栄養状態を良くする働きのあるものが適合します。

エネルギー不足による肩こり (気虚証)

もともと虚弱だったり、老化や慢性病などでエネルギー不足になって発生する肩こりです。元気がない、疲れやすい、朝起きるのがつらい、食欲が無く胃腸が弱いなどの症状があります。強く肩をもむと返って酷くなるタイプに多いです。

漢方薬は、エネルギー不足を改善し元気をつける働きのあるものが適合します。

健康・漢方・慢性病・生活習慣病相談は十字屋薬粧白鳥台店へ